新築移転情報
文字サイズ

診療科・部門案内

消化器外科

ご挨拶(概要)

専門性の高い高度な医療技術で羽生市の医療に貢献

当科では癌診療に重点を置き、癌診療に必要な設備を整え、専門のがん治療認定医が、内視鏡手術などの高度な医療技術を地域住民のみなさまに提供しております。
これからも羽生医師会をはじめとした地域の諸先生方のご協力のもと、精力的に診察や手術を行い、住民の皆さまに安心して頂ける「羽生市での高度専門医療」に力を入れてまいります。

消化器外科の特徴・特色

消化器(食道・胃・十二指腸・大腸・肝胆膵)の悪性腫瘍はもちろんのこと、急性腹症に対する緊急手術や、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患、胆嚢結石症などの良性疾患など様々な疾患の手術・治療を行っています。

当科として特に力を入れて取り組んでいるのは低侵襲性手術(体の負担が少ない手術)である内視鏡外科手術です。
とりわけ高齢の患者様には出来るだけ体の負担が少ない手術を目指すべく、当科では予定手術の9割以上が内視鏡手術で行っています。
また、これら手術の増加に対応するべく4Kの高精細モニターを導入し、これにより神経温存なども可能となり、体の表面の傷だけではなく、体の中の負担も軽くするべく日々努力しております。

さらに癌の根治性(治る率)を高めるために術前術後の外来化学療法も積極的に組み合わせております。
ステージ4の進行癌の方でも集学的治療にて根治を目指し、実際にがんサバイバーとなられている方もおられます。

得意分野は

  • 消化器癌(食道・胃・十二指腸・大腸)に対する鏡視下手術
  • 肝胆膵外科における高難度手術ならびに腹腔鏡下手術
  • 胆石症、胆嚢炎、虫垂炎、腹壁瘢痕ヘルニア、炎症性腸疾患などの良性疾患に対する腹腔鏡下手術
  • 副腎疾患に対する腹腔鏡下手術
  • 切除不能進行再発消化器癌に対する化学療法、術後補助化学療法、術前化学(放射線)療法

担当医のご紹介

  • 部長
  • 江下 恒統 (エシタ ユキツナ)
役職 部長
専門分野 腹腔鏡外科・肝胆膵外科
資格・専門医 日本外科学会認定医
日本外科学会専門医
がん治療認定医
所属学会 日本内視鏡外科学会
日本消化器外科学会