新築移転情報
文字サイズ

診療科・部門案内

整形外科

概要

整形外科は骨、関節、神経、筋肉など運動器の問題を治療する診療科です。
医学の進歩に伴い整形外科治療の進歩も著しく、特に素材科学の進歩がもたらした手術器材の発展では、整形外科が一番の恩恵を受けているといえるでしょう。
手術だけが主な治療と思われがちですが、患者さんの症状を細かく聴取し必要な検査を高いレベルで行うことが、薬物療法、理学療法、リハビリテーションを生かす基礎でもあります。

具体的な診療対象は

  • 骨折や脱臼などの外傷
  • 腰痛や関節痛などの痛み
  • 変形性関節症や変形性脊椎症など関節や背骨の変形
  • 体力低下や身体能力低下に対するリハビリテーション
  • 骨粗鬆症などの高齢者治療

などです。

日本の高齢化速度は世界一と言われ、それに伴う高齢者の骨粗鬆症、身体能力の低下は大きな社会問題となっています。特に高齢者の骨折は増加の一途をたどっており、私たち整形外科はこれらの問題に対して真摯に向き合っていきたいと思います。

当院の整形外科

当院では骨折などの外傷治療と脊椎疾患の手術治療を多く行っています。
常勤医2名、パート医師2名の小さな所帯ですが、年間手術件数は約500件と多く、県内外からの手術治療依頼も数多く受け入れています。

一般的な骨折の手術であっても先進技術に精通した高度な技術レベルが必要とされますが、当院では常勤医2名とも経験年数20年以上で新技術の習熟に熱心なベテラン医師が治療に当たっています。

手術内容では高齢者に一番多い、大腿骨近位部骨折(大腿骨転子部骨折、大腿骨頚部骨折)の手術治療を多くこなしており、ガンマネイル手術、人工骨頭置換術をそれぞれ年間100件、80件程度行っています。
高度な技術を要する脊椎手術(頸椎、胸椎、腰椎)も年間100件程度行っており、良好な成績を収めています。

器材の新規更新にも熱心で、本年は3D C-arm 透視器材とカーボン製手術台(総額約7千万円)を導入し、上記手術を高いレベルで行う大きな力となっております。

担当医のご紹介

  • 部長
  • 前田 興範 (マエダ フサノリ)
役職 部長
専門分野 外傷外科・股関節外科
資格・専門医 整形外科専門医
所属学会 日本整形外科学会
日本骨折治療学会
  • 医長
  • 小林 直樹 (コバヤシ ナオキ)
役職 医長
専門分野 脊髄外科・各種神経ブロック(鎮痛療法)
資格・専門医 整形外科専門医
所属学会 日本整形外科学会

検査・治療実績

治療実績 ( )は腹腔鏡,胸腔鏡を使用した鏡視下手術症例数です。

( )は腹腔鏡,胸腔鏡を使用した鏡視下手術症例数です。

筋膜、筋、腱、腱鞘

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
アキレス腱断裂手術 アキレス腱断裂 1 0 1
股関節内転筋切離術 変形性股関節症など 3 1 0
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 前腕軟部腫瘍 0 0 1
腱移行術 伸筋腱断裂など 1 1 3
腱鞘切開術 ばね指、腱鞘炎など 0 1 16
腱縫合 伸筋腱断裂、アキレス腱断裂など 1 2 1
筋膜切開術 コンパートメント症候群 0 2 1
筋炎手術 筋炎 0 1 1
筋肉内異物摘出術 筋肉内異物残留、中足骨骨折・開放創あり 0 1 0

四肢骨

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
観血的関節授動 膝関節拘縮、大腿骨骨幹部骨折 1 0 0
骨折観血的手術 四肢の骨折 187 196 173
骨折非観血的整復術 四肢の骨折 1 0 3
骨内異物(挿入物)除去術 骨折・腱断裂に対する抜釘 42 21 18
腐骨摘出術 化膿性関節炎・骨髄炎 0 0 1
骨髄炎・骨結核手術 大腿骨頚部骨折・骨髄炎 0 0 1

四肢関節、靫帯

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
関節滑膜切除術 関節炎・関節リウマチ 2 2 0
関節形成手術 大腿の術後障害 1 0 0
関節脱臼観血的整復術 股関節脱臼骨折、人工骨頭脱臼 0 0 2
関節脱臼非観血的整復術 肘関節脱臼骨折、肩関節脱臼骨折 1 1 3
関節内異物(挿入物)除去術 骨骨折に対する抜釘 0 0 1
関節内骨折観血的手術 四肢関節骨折 15 6 4
関節固定術 化膿性関節炎 0 0 1
人工関節置換術 変形性股関節症、大腿骨頭壊死、変形性膝関節症など 14 13 4
人工関節抜去術 術後感染症 0 0 1
人工骨頭挿入術 肩関節脱臼骨折、大腿骨頚部骨折、肘関節脱臼骨折 45 40 55
靭帯断裂縫合術 膝蓋靱帯部分断裂 3 0 0
半月板切除術 半月板断裂 1 0 3
化膿性結核性関節清掃術 化膿性関節炎 0 1 0

四肢切断、離脱、再接合

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
四肢切断術 ガス壊疽、糖尿病壊疽など 6 8 10
断端形成術 足指骨開放骨折、糖尿病性壊疽など 3 0 1

手、足

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
手掌屈筋腱縫合術 伸筋腱損傷 1 0 0
手根管開放手術 手根管症候群 0 0 9

脊柱、骨盤

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
骨盤骨折観血的手術 骨盤骨折 0 1 0
腸骨窩膿瘍切開術 術後感染症による殿部膿瘍 0 1 0
脊椎悪性腫瘍手術 脊椎転移 0 1 2
脊椎腫瘍切除術 脊椎腫瘍切除術 0 1 0
脊椎固定術 腰椎すべり症、腰部脊柱管狭窄症、胸腰椎圧迫骨折など 42 25 24
椎間板摘出術 腰椎椎間板ヘルニア 10 7 8
椎弓形成手術 頚髄症、頚椎後縦靭帯骨化症 6 9 14
椎弓切除術 頚髄症、腰部脊柱管狭窄症、変形側彎症など 13 16 16
脊椎内異物(挿入物)除去術 腰椎圧迫骨折、腰部脊柱管狭窄症などの術後障害 0 3 1
骨移植術 腰椎椎間板症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など 24 18 20