新築移転情報
文字サイズ

診療科・部門案内

病理診断科

病理診断科のご案内

「国際標準に準拠した病理検査・診断を提供します」

羽生総合病院病理診断科は、常勤病理医1名、非常勤病理医1名と検査科病理担当の技師4名(うち細胞検査士2名)で運営しております。
病理診断とは、内視鏡で採取した小さな検体(生検)や手術で摘出された臓器を肉眼的に調べて切り出し、検査、技師が作成した標本を病理医が顕微鏡を使用して診断し、術後の治療方針の一役を担う重要な医療行為です。

当院は年間平均組織診約2,000件、細胞診約3,500件の検査を行っており、件数は年々増加傾向にあります。

特徴・特色

検体としては、外科(乳腺、肺、胃、大腸、肝臓など)、泌尿器科、婦人科、皮膚科などから提出される全身の諸臓器を扱っております。これらの検体に対し、HE染色、特殊染色等の通常作業に加えて、術中迅速診断や免疫染色などの特殊作業を院内で行っております。

乳癌を例にすれば、術中迅速診断では、センチネルリンパ節診断や切除断端の検索を、免疫染色では、HER2、ER、PgR、MIB-1を行い、術後の迅速な治療方針の決定に役立てております。GISTや悪性リンパ腫等の疾患では、免疫染色が診断と治療に重要であり、病理検査の医療における重要性は増しております。

担当医のご紹介

  • 部長
  • 神谷 誠 (カミヤ マコト)
役職 部長
専門分野 病理科
所属学会 日本病理科学会