新築移転情報
文字サイズ

診療科・部門案内

泌尿器科

ご挨拶

膀胱炎から悪性腫瘍まで

当診療科は、日本泌尿器科学会泌尿器専門医教育関連施設であり、常勤2名(専門医・指導医)と非常勤2名で診療を行っています。

泌尿器科は泌尿器・男性生殖器系臓器の外科的・内科的疾患を対象とし、その診断から治療までを担う診療科です。
対象とする分野には、

  • 泌尿器がん(腎がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣がん)
  • 排尿障害(前立腺肥大症神経因性膀胱、尿失禁)
  • 尿路結石症
  • 尿路感染症
  • 男性機能障害(ED、男性更年期)
  • 副腎腫瘍
  • 外傷

等、幅広い分野に対応します。

泌尿器科で診療している疾患

尿路性器悪性腫瘍
腎細胞癌 腎盂尿管癌 膀胱癌 前立腺癌 精巣癌 陰茎癌 肉腫
排尿障害
前立腺肥大症 過活動膀胱 神経因性膀胱 間質性膀胱炎
尿路結石症
腎・尿管結石症 膀胱結石症
内分泌系
副腎疾患 性腺疾患
性機能障害
勃起不全 男子不妊症 男性更年期障害(PADAM,LOH)
婦人泌尿器科
尿失禁
尿路性器感染症
腎盂腎炎 膀胱炎 尿道炎 前立腺炎 精巣上体炎 性感染症
尿路性器損傷
腎損傷 膀胱損傷 尿道損傷 精巣損傷 陰茎損傷

○悪性腫瘍・がんに対しては、内視鏡治療を含め、積極的に外科治療を行い、抗がん剤治療なども組み合わせて、ガイドラインに沿った治療を行います。
○小児泌尿器科疾患(膀胱尿管逆流症、先天性水腎症、停留精巣、包茎等)については、県立小児医療センターや大学病院等と連携しております。ご相談ください。

簡単な症状別によるありえる疾患表

おしっこが近くなった
過活動膀胱 前立腺肥大症 膀胱がん その他
夜トイレに起きる
前立腺肥大症 過活動膀胱 ADH分泌不全 その他
出が悪くなった
前立腺肥大症 前立腺がん 神経因性膀胱 その他
おしっこの時痛む
尿道炎 前立腺炎 膀胱結石 膀胱がん 萎縮膀胱 その他
血尿
膀胱がん 腎がん 腎㿻がん 尿管がん 尿管結石 腎結石
尿潜血
尿路全ての腫瘍 尿路の結石 尿路の炎症 その他
陰嚢が痛い
精巣捻転 精巣上体炎 精巣腫瘍 精巣上体捻転 その他
腰が痛い
前立腺がん骨転移 尿管結石 腎がん その他

当院での主な病気と治療方法について

1. PSA(前立腺特異抗原)が高いといわれた!! → 前立腺癌の疑いがあります。

検診や人間ドックなどでPSA(前立腺特異抗原)の検査に異常を認められ当科を受診された場合、前立腺癌の疑いがありますので、PSAの再検査(採血)・MRIによる前立腺の画像での評価を行います。
検査の結果により前立腺生検査という組織の検査を行います。

  • PSA検査、MRI検査は外来で行います。
  • 前立腺生検は1泊2日の入院で行います。検査は全身麻酔で行います。
    (検査後、血尿や発熱などの合併症が発症した場合はこの限りではありません)
  • 前立腺癌と診断された場合、転移などの検索を行い、その後治療方針を決定します。
    治療方法は手術・放射線療法・ホルモン療法などがあります。

2. 尿が出にくい(男性)→ 前立腺肥大症の可能性があります。

尿が出にくい、残尿感がある、夜の尿が近い等の排尿の症状がある場合前立腺肥大症の可能性があります。

問診や直腸診等で前立腺肥大症と診断した場合、まずは内服薬での治療を始めます。内服で症状が思わしくない場合などは手術を行います。当院での前立腺肥大症の手術は、最新のホルミウムレーザーを利用した手術(経尿道的レーザー前立腺核出術)を行っています。
この手術方法は従来の手術方法TURP(経尿道的前立腺切除術)と比べて出血が少なく体に優しい低侵襲です。

3. 左もしくは右の背中が突然痛くなった!! → 尿管結石の可能性があります。

突然、左もしくは右の背中が痛くなった場合、尿管結石の可能性があります。
当科では尿管結石が疑われた場合、尿検査、採血、CTなどの画像検査を行います。尿管結石と診断された場合、結石の場所と大きさで治療方針を決定します。治療方法は飲み薬と手術があります。手術は尿管鏡という細い内視鏡を使用し、レーザーで結石を砕石します。

  • 結石の手術は入院で行います。基本入院期間は4泊5日です。
    (術後の状態によってはこの限りではありません)
  • 手術は硬性尿管鏡、軟性尿管鏡を使い分けて行います。
  • 体外衝撃波による尿路結石の治療は、新病院移転後に導入を予定しています。

4.血尿がでた!! → 尿の通り道に腫瘍がある可能性があります。

突然赤い尿が出た場合、特にその他の排尿の症状(排尿時の痛み、頻尿、残尿感など)を伴わない場合は、尿の通り道に腫瘍がある可能性があります。当科に受診された場合、尿検査、膀胱鏡検査、CTやMRIなどの画像検査を行い血尿の原因を診断します。
その後、病気により適切な治療を行います。

◎血尿を認める主な病名と治療方法

腎盂癌・尿管癌
早期の場合、手術療法が第一選択です。手術は腹腔鏡と開腹術を組み合わせて行います。
膀胱癌
まず、内視鏡による切除術を行います。(経尿道的膀胱腫瘍切除術)組織型や腫瘍の浸潤の状態によりその後の方針を決定します。
腎癌
早期の場合の治療の第一選択は手術です。手術は腫瘍の状況により腹腔鏡手術、開腹手術を選択します。

尿が漏れる!! 尿が近い(主に女性、昼8回以上、夜間2回以上)→ 過活動膀胱の可能性があります。

尿が漏れる、尿が近いなどの症状がある場合、過活動膀胱の可能性があります。ただし、糖尿病などの内科的な疾患や飲水過多などの原因もあります。当科では、尿検査、過活動膀胱症状質問票(OABSS)、排尿日誌などで診断し、適切な治療やアドバイスを行います。
まずはご相談ください。

最後に

羽生病院では泌尿器科全般、ほとんど全ての疾患の対応治療が可能です。(小児泌尿器科、不妊、放射線治療を除く)
また手術も腎癌・腎盂癌・尿管癌・膀胱癌・前立腺癌・精巣癌など、尿路性器全般腫瘍手術加療、内視鏡手術・尿路上皮の抗がん剤加療も行っております。

また尿路結石については、尿管鏡手術による結石治療を行っています。 一部治療困難な疾患、放射線治療等については県立がんセンター、大学病院等と連携をとり円滑な治療を行えるよう取り計らっています。
また他院で治療後の患者さんも当院で引継ぎ加療が行えます。

担当医のご紹介

  • 部長
  • 小野 昌哉 (オノ マサヤ)
役職 部長
専門分野 尿路性器全般腫瘍手術加療、内視鏡手術・尿路上皮の抗癌剤治療。ESWL
資格・専門医 泌尿器科指導医
所属学会 日本泌尿器科学会
  • 医長
  • 五十嵐 匠 (イガラシ タクミ)
役職 医長
所属学会 日本泌尿器科学会

検査・治療実績

治療実績 ( )は腹腔鏡,胸腔鏡を使用した鏡視下手術症例数です。

( )は腹腔鏡,胸腔鏡を使用した鏡視下手術症例数です。

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
経皮的腎嚢胞穿刺術 腎嚢胞、腎膿瘍 0 1 1
腎(尿管)悪性腫瘍手術 尿管癌 0 0 4
経皮的腎(腎盂)瘻造設術 尿道狭窄症 1 0 2
腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 腎癌 6 3 4
腹腔鏡下副腎摘出術 副腎腫瘍 1 0 0

尿管

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
経尿道的尿管ステント留置術 尿管結石症 1 0 2
経尿道的尿管狭窄拡張術 尿管狭窄、腎後性腎炎 0 0 2

尿路

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
ピンハンマー式尿路結石破砕術 尿路結石 1 0 0
経尿道的尿路結石除去術 腎尿管結石 4 20 17

尿道

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
外尿道腫瘍切除術 外尿道腫瘍 0 0 1
尿道悪性腫瘍摘出術 尿道悪性腫瘍 1 0 0
尿道狭窄拡張法 尿道狭窄症 0 0 1

膀胱

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
膀胱結石摘出術 膀胱結石 6 0 9
膀胱瘻造設術 尿道狭窄症、尿閉、尿道裂傷 1 0 1
膀胱悪性腫瘍手術 膀胱癌 28 38 33
膀胱腫瘍摘出術 膀胱腫瘍 0 2 3
膀胱水圧拡張術 間質性膀胱炎、萎縮膀胱、膀胱腫瘍 1 6 4
膀胱内凝血除去術 膀胱出血 1 0 0
膀胱破裂閉鎖術 膀胱破裂 2 0 0

陰嚢

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
陰嚢水腫手術 陰のう水腫 2 1 0

精巣

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
精索捻転手術 精索捻転 0 0 2
精巣悪性腫瘍手術 精巣悪性腫瘍 1 0 0
精巣外傷手術 精巣破裂 0 1 0
精巣摘出術 停留精巣 0 2 0

前立腺

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
経尿道的レーザー前立腺切除術 前立腺肥大症 4 10 19
経尿道的前立腺手術 前立腺肥大症 23 5 2
前立腺悪性腫瘍手術 前立腺癌 12 13 13
前立腺針生検法 前立腺癌、前立腺肥大症 99 141 117