文字サイズ

診療科・部門案内

漢方内科

漢方内科のご挨拶

「和漢」とは日本の伝統的漢方という意味ですが、当科の診療は漢方だけに限っていません。
当科の特徴のひとつは「間口の広さ」だと思います。

患者様の訴える症状はもちろん、体質、生活習慣、精神的側面などを総合的にとらえて、できるだけその人の全体の姿を捉えるように心がけています。そして、その見立てに応じて、漢方薬に限らず西洋医学の薬も処方します。すぐに薬に頼るのではなく、まず、生活指導、食事指導、運動指導などを通して根本から体質を変えていくことも大切にしています。

患者様の一部分だけではなく全人的な医療ができるよう努力しております。

漢方内科の特徴・特色

  • 西洋医学とは異なる東洋医学的視点からの診断と治療。
  • 西洋薬と漢方薬を自由自在に使い分けて診療する。(内科の病気も診ます)
  • 高血圧、糖尿病などの生活習慣病については、すぐに薬に頼るのではなく、丁寧に食事療法や運動療法を説明することで、薬に頼らない健康を目指す。
  • 併設する鍼灸診療部との協力によってさらに治療効果を高める。
  • 腰痛、膝痛、五十肩などの痛みに対して、最新の治療である「筋膜注射」や仙腸関節ブロックを行っている。(県内にもこれができる医療機関はごく僅かです)
  • 癌や他の病気による辛い症状を和らげる緩和治療を行っている。必要に応じて往診もできる。

担当医のご紹介

  • 医長
  • 高木 恒太朗 (タカギ コウタロウ)
役職 医長
専門分野 漢方診療(内科・小児科・婦人科・皮膚科・整形外科・泌尿器科・耳鼻科・眼科)
所属学会 日本東洋医学会