文字サイズ

診療科・部門案内

漢方内科

漢方内科のご挨拶

検査をしても異常がない、体の不調に対して薬がないなど、お困りの症状はありませんか。
例えば、血圧を下げる、肺炎を治す、精密検査をするなど、西洋医学のほうが得意である分野はありますが、西洋医学では対応しにくい不定愁訴や検査には表れにくいちょっとした不調は漢方医学の方が向いていることがあります。
肩こり、頭痛、腰痛、不眠症、眼精疲労、冷え症、便秘、下痢、月経異常、生理不順や更年期障害など漢方薬が得意とする分野は、実に様々です。
漢方外来では、西洋医学と違い、患者さまの全身状態を診察し、身体全体のバランスを整えて体質改善を図ることを目的とします。
様々な症状でお困りの方、検査をしたが異常はないと言われ治療ができない方、そして難病でお困りの方などはもちろん、ちょっと漢方を試してみたいという方も是非漢方外来にご相談ください。

漢方内科の特徴・特色

  • 漢方薬はさまざまな生薬を組み合わせた薬で、 一剤でいろいろな症状を解消したり、和らげたりする可能性をもっています。
  • 同じ症状でも、病態やその人の体質で、漢方薬は変わります。
  • 効くまでに長くかかると思われがちですが、即効性がある漢方薬と、飲み続けることで
    効いていくタイプの漢方薬があります。
  • 同じ病気でも、状態は変化するため、発症してからの経過日数、症状によって用いられる漢方薬は異なってきます。

西洋医学とは異なる東洋医学的視点から、さまざまな症状の改善を目指して治療してまいります。
エキス剤だけでなく、煎じ薬等も使用しながら、ご本人だけのアレンジも可能です。
本当に病気がないか心配な方、漢方と西洋医学を併用したい方のために、西洋医学的な視点のアプローチもあわせ、ご心配な症状に対しての検査なども取り入れながら、診察いたします。

担当医のご紹介

  • 非常勤医師
  • 後藤 
役職 非常勤医師
専門分野 総合診療内科・漢方内科
資格・専門医 日本内科学会 総合内科専門医
日本東洋医学会 漢方専門医
所属学会 日本内科学会
日本東洋医学会