文字サイズ

診療科・部門案内

リハビリテーション室

リハビリテーション室

リハビリテーションの語源はラテン語で、re(再び)+habilis(適した、ふさわしい)からなり立っています。病気やけがをした場合に、「再び適した状態になること」、「本来あるべき状態への回復」などの意味があります。

羽生総合病院リハビリテーション室では、「地域に根ざした質の高いリハビリテーションサービスを提供する」という理念のもと、早期介入を行い、術後の合併症予防や廃用症候群の予防に努め、早期の機能回復、社会復帰を目指します。
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が専門性を生かし、患者様が安心して治療を受けられるよう支援していきます。

業務案内

リハビリ室では、急性期から維持期に至るまで、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が患者様の状態に応じての支援をしています。
入院だけでなく、自宅に帰られた方でも、適応があれば訪問リハビリや通所リハビリという形でも支援をしています。
また就学までのお子さんを対象に、小児リハビリテーションにも取り組んでいます。

Q:リハビリをうけたい場合はどうしたら良いか?
A:リハビリを行うには医師の指示が必要です。
  • 当院の医師による指示のもとリハビリテーションを実施します。
  • 制度上、疾患名や実施できる期限が定められていますので、診断名や経過によって、実施が困難な場合があります
  • 外来リハビリでは介護保険によるリハビリ(通所リハビリ、訪問リハビリ)との併用はできません
  • 外来リハビリは診察時間に合わせての予約制です。
  • 予約当日は、必ずリハビリ前の診察が必要です。

理学療法:PT

理学療法では、寝る、起きる、座る、立つ、歩くなど基本的動作の獲得を目標に、患者さんの状態に合わせて訓練を実施しています。

リハビリ室

小児リハビリ

作業療法:OT

作業療法では、食事、入浴、整容、更衣など日常生活に欠かすことのできない動作の獲得や、指先の細かな運動、または退院後の生活を想定した訓練を実施しています。

言語聴覚療法:ST

言語聴覚療法では、脳血管疾患や頭部外傷などで、ことばが理解できない、ことばが出てこないなどの失語症、呂律が回らないなどの構音障害、飲み込みにくい、むせるなどの嚥下障害などに対して評価、訓練を実施しています。

スタッフ

  • 理学療法士:14名(非常勤含む)
  • 作業療法士:5名
  • 言語聴覚士:3名

リハビリテーション室に入職希望される方へ

教育について

リハビリ室として新入職員向けに勉強会を開催。内容はリハビリテーションの禁忌事項や動作介助方法などを行っています。
また、月に1回ビデオ撮影などを用いて患者さんの様子を確認しあいながら、問題点や治療方法、検討すべき事項などを話し合うケーススターディーを行い、今後の治療に役立てるよう取り組んでいます。

主に手技についての練習会も週1回実施し、意見交換をしながら技術向上に努めています。

他部署との連携

主治医、看護師、相談員とのカンファレンスも実施しています。

福利厚生について

観劇やハイキング、スキースノーボードなどの日帰り旅行や、宿泊旅行の他、ボーリング大会やバレーボール大会、忘年会、納涼祭での抽選会など楽しい行事があり、部署内だけでなく他部署との交流もはかれます。

バレーボール大会

スキースノーボード旅行

ボーリング大会

リハビリ室 新年会

リハビリ室 新年会

※随時見学受け付けています
 問い合わせ:048-562-3000(代表)
 担当:リハビリ室 小池

採用実績(卒業校一覧)

  • 群馬大学
  • 埼玉医科大学
  • 日本工科大学
  • 新潟リハビリテーション大学
  • 文京学院大学
  • 目白大学
  • 東京医薬専門学校
  • 前橋医療福祉専門学校
  • 日本リハビリテーション専門学校
  • 太田医療技術専門学校
  • 埼玉医療福祉専門学校
  • 晴陵リハビリテーション学院