新築移転情報
文字サイズ

診療科・部門案内

外科

概要

当科で扱う疾患は主に呼吸器外科疾患、消化器外科疾患、内分泌外科疾患、救急外科疾患で、循環器外科を除くにしておりますので、心臓血管外科領域と一部の難症例を除く殆どの外科疾患は当科で対応が可能です。

具体的には各領域の良性疾患全般と癌が治療の対象となっております。
当院は地域に根ざした総合病院であり癌センターのようなセンター病院ではありませんが、良性疾患はもとより各種の癌に対する治療成績は、症例数の多いセンター病院と比較殆どの外科領域を対象しても特に変わりありません。

また高齢化社会に伴い、心疾患や脳梗塞、糖尿病や血液透析などの基礎疾患をお持ちの患者様が年々増加しておりますが、当科では総合病院の利点を十分に生かし、麻酔科や循環器内科、腎臓内科など他科との連携を緊密に安全で根治性の高い外科治療を提供しております。

新病院開設向け外科スタッフ一同なお一層質の高い医療を提供出来るよう心掛けて参りますので、いつでも御相談頂ければと思います。
具体的な診療内容は下記の通りです。

呼吸器外科疾患
肺癌、中皮腫などに代表される悪性疾患から、気胸などの救急疾患、胸腺腫などの縦郭疾患まで扱っています。
胸腔鏡下肺切除などの低侵襲手術も積極的に行っております。
消化器外科疾患
食道、胃、小腸、大腸(結腸、直腸)などの消化管疾患と、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓、脾臓などの腹部実質臓器疾患が対象となります。
上部消化管
胃、十二指腸の穿孔や出血性潰瘍に対しては、病状に応じた過不足の無い手術を、通常の胃癌に対しては積極的に腹腔鏡下手術も取り入れており、安全で低侵襲な治療を心掛けております。
下部消化管
大腸癌が主な対象疾患です。
通常の大腸癌は腹腔鏡下手術が主流になりつつあり、当科でも積極的に腹腔鏡下手術を行っております。
肝疾患
肝細胞癌や肝内胆管癌、転移性肝癌に対して肝機能を十分考慮した上で、積極的に切除を行っております。
肝機能低下症例にはRFA(ラジオ波焼灼術)などの低侵襲治療も可能です。
胆膵疾患
胆嚢は殆どの症例が胆石症ですが、ほぼ全例に腹腔鏡下胆嚢摘出術で対応しています。
胆管癌は発生部位により術式が異なりますが、肝切除+胆管切除、膵頭十二指腸切除術などが適応となります。
膵疾患は膵癌や膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)などが主な治療対象で、膵頭十二指腸切除術や膵体尾部切除術、膵全摘術などを行っております。
消化器外科疾患は、症例数では大学病院や癌センターなどのhigh volume centerには及びませんが、術前や術後の補助療法も含め、治療成績はほぼ同等となっております。
内分泌外科疾患
乳腺、甲状腺、上皮小体(副甲状腺)などの疾患が対象です。
乳癌:乳房温存術から非定型乳房切断術まで幅広く対応しております。
形成外科と連携して乳房再建術も行っております。
甲状腺癌や上皮小体(副甲状腺)疾患の手術も行っております。
その他の疾患
虫垂炎、ヘルニア、痔核などの良性疾患手術も数多く行っております。

担当医のご紹介

  • 院長
  • 松本 裕史 (マツモト ヒロシ)
役職 院長
専門分野 胸部外科(肺)・ 消化器外科(食道)
資格・専門医 日本外科学会外科専門医
マンモグラフィ読影試験成績認定証
所属学会 日本臨床腫瘍学会
日本乳癌検診学会
  • 部長
  • 赤尾 敬彦 (アカオ タカヒコ)
役職 部長
専門分野 一般外科
資格・専門医 日本外科学会外科指導医
所属学会 日本外科学会
  • 部長
  • 平山 伸 (ヒラヤマ シン)
役職 部長
専門分野 呼吸器外科
資格・専門医 日本外科学会外科専門医
日本外科学会外科指導医
日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
日本胸部外科学会 正会員
所属学会 日本外科学会
日本胸部外科学会
日本肺癌学会
日本呼吸器外科学会
  • 後期研修医
  • 成松 裕之 (ナリマツ ヒロユキ)
役職 後期研修医
所属学会 日本外科学会
日本整形外科学会

検査・治療実績

治療実績 ( )は腹腔鏡,胸腔鏡を使用した鏡視下手術症例数です。

( )は腹腔鏡,胸腔鏡を使用した鏡視下手術症例数です。

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺癌 0 1 4
胸腔鏡下肺切除術 自然気胸 3 9 8

結腸

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
結腸切除術 悪性腫瘍以外 S状結腸軸捻転、消化管出血など 13 8 11
結腸切除術 悪性腫瘍 上行結腸癌、横行結腸癌、下行結腸癌など 25 27 17
腸管癒着症手術 腸閉塞 0 1 1
腸閉塞症手術 腸閉塞 1 4 4
腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 上行結腸癌、横行結腸癌、下行結腸癌など 0 9 0
腹腔鏡下結腸切除術 S状結腸軸捻転 0 3 0
腹腔鏡下腸管癒着剥離術 腸閉塞、腸重積症など 0 3 0

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
胃切開術 吐血 1 0 0
胃切除術 出血性胃潰瘍 1 2 2
胃腸吻合術 胃癌術後再発、術後イレウスなど 3 3 0
胃・十二指腸縫合術 穿孔性腹膜炎、胃潰瘍穿孔など 4 4 1
総胆管胃(腸)吻合術 十二指腸乳頭部癌 0 0 1
腹腔鏡下胃、十二指腸潰瘍穿孔縫合術 穿孔性胃潰瘍 0 0 1
腹腔鏡下胃腸吻合術 穿孔性腹膜炎 0 0 1
腹腔鏡下胃捻転症手術 胃軸捻転 0 0 1
胃切除術 胃癌 12 12 5
胃全摘術 胃癌 9 7 3
腹腔鏡下胃切除術 胃癌 0 0 3

小腸

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
小腸腫瘍、小腸憩室摘出術 メッケル憩室 1 0 0
小腸切除術 絞扼性イレウス、小腸腫瘍 1 5 5
腸閉塞症手術 腸閉塞 2 3 6
小腸切除術 回腸消化管間質腫瘍、回腸癌 0 0 2
腹腔鏡下小腸切除術 小腸癌 0 0 1

食道

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
食道悪性腫瘍手術 食道癌 2 2 0

肛門・直腸

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
人工肛門造設術 大腸癌、直腸癌など 5 9 8
人工肛門閉鎖術 イレウス,肛門癌,大腸癌,直腸癌 1 3 5
直腸異物除去術 直腸内異物 0 1 0
直腸腫瘍摘出術 直腸腫瘍 0 2 1
直腸周囲膿瘍切開術 直腸肛門周囲膿瘍 0 1 0
直腸切除・切断術 直腸癌、S序結腸憩室尖孔など 14 11 9
直腸脱手術 直腸脱 0 1 2
腹腔鏡下直腸切除・切断術 直腸癌 0 0 8

胆管・胆のう

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
肝内胆管外瘻造設術 閉塞性黄疸、肝膿瘍など 4 4 3
経皮的胆管ドレナージ術 肝膿瘍、肝のう胞 0 1 3
胆管切開結石摘出術 総胆管腫瘍、胆のう結石症など 5 3 1
胆嚢外瘻造設術 胆のう炎、閉塞性黄疸など 5 7 6
胆嚢摘出術 開腹 胆のう結石症、多発胆石症など 13 19 19
腹腔鏡下胆嚢摘出術 胆のう炎、胆のうポリープなど 6 20 46

虫垂

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
虫垂切除術 虫垂炎 35 33 13
腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂炎 1 0 15

膵臓・脾

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
内視鏡下的膵管ステント留置術 慢性膵炎、急性膵炎 1 2 0
膵頭部腫瘍切除術 十二指腸乳頭部腫瘍、膵管内乳頭粘液性腫瘍 10 4 1
膵体尾部腫瘍切除術 膵管内乳頭粘液性腫瘍 7 1 1
膵全摘術 膵管内乳頭粘液性腫瘍 2 1 1
脾摘手術 胃静脈瘤破裂、食道静脈瘤破裂 4 2 1

肝臓

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法 転移性肝癌 3 0 1
肝切除術 肝細胞癌、転移性肝癌 3 3 7
肝縫合術 腹腔内出血 1 0 0
経皮的肝膿瘍ドレナージ術 胆のう癌、肝腫瘍 4 3 2

ヘルニア

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
臍ヘルニア手術 臍ヘルニア 2 3 1
鼠径ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 85 61 63
大腿ヘルニア手術 大腿ヘルニア 3 0 2
腹壁瘢痕ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア 2 2 8
白線ヘルニア手術 白線ヘルニア 0 0 1
骨盤部ヘルニア手術 骨盤部ヘルニア 1 0 5

乳房

手術・検査名 病名 平成26年 平成27年 平成28年
乳腺腫瘍摘出術 乳腺腫瘤 4 2 2
乳腺悪性腫瘍手術 乳癌 19 22 2